トップ / 歯科での請求について

歯科での請求について

歯科の管理料とは

歯科における請求について

歯科は医療機関であるため、医療保険が適用となっています。医者は患者の治療に対して、治療や予防対策をし、厚生労働省が定めた医学管理料によって窓口で請求します。会社員などであれば、通常3割が自己負担になりますが、残りの7割が保険者への請求となり、歯科クリニックは翌月の10日までに請求することになっています。大切な収入源であるため、実際に行った治療を請求しなければ、そのままになるため、医者と医療事務との連携を密にすることが求められます。現在は電子カルテを採用しているところが増え、スムーズな請求ができています。

金属アレルギー

歯科における医学管理料とは

医学管理料とは一般にわかりやすくいうと指導料のようなものです。例えば、歯科衛生士さんが歯磨きの仕方について丁寧におしえてくれました、というのが実は「歯科衛生実地指導」という医学管理料で、きちんとお金も取られているのです。指導の中で、磨き残しがないかどうか、色染めして教えてくれてとても親切だと思いきや、これも診療費のうちというのがいささか悲しい気分です。他にも入れ歯の手入れの方法も有床義歯管理料というものです。また、薬をもらったときに、詳しい説明書きのプリントをもらったとします。これも薬剤情報提供料というものなのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科で適応される保険. All rights reserved.