トップ / 歯科の高額な治療について

歯科の高額な治療について

歯科で矯正を受ける

歯科での矯正は保険適用外です

歯科での矯正治療は自費治療や自由治療となり、保険は適応外になるため全額自己負担になります。保険が適用される矯正治療は、上唇や口蓋が裂けた状態で生まれた先天的な咬合機能や、外科的な治療が必要な顎の骨の形や大きさが原因で歯のかみ合わせに問題がでる場合、顔の形に顎の変形が目立っている顎変形症などに該当する場合です。適用されるかの判断については、歯科大学付属病院や医学部のある大学病院などを受診することが良い方法で、一般の歯医者で相談する場合は、事前に電話などで適応についての相談が可能であるかを問合せることが良い選択と言えます。

金属アレルギー

矯正治療の保険適用について

一般的に高額なことで知られている歯科の矯正治療ですが、これは保険の適用外だということから全額自費負担になるからです。歯並びなどの治療は審美目的、直接的健康に害を及ぼす可能性が低いとされているからです。しかしこのような目的に含まれないものには保険が適用される場合もいくつかあります。代表的なものは先天異常である口蓋裂、口唇裂が挙げられます。その他にも外科治療と一緒に行う必要性のあるものです。特に「受け口」とも呼ばれる顎の形状が問題となっている状態は顎自体の骨を削るなどの外科手術が必要となり、歯も顎の骨格に合わせ調整するまでが一連の治療になっています。そのため歯科矯正でも治療費の負担が軽くなります。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科で適応される保険. All rights reserved.