トップ / 歯科ではアレルギーに注意して

歯科ではアレルギーに注意して

歯科で使う金属類

歯科治療と金属アレルギー

歯科の治療で、虫歯を削ったあとに銀歯を入れた人は多くいます。銀歯といっても、全て銀でできているわけではなく、金銀パラジウム合金という、複数の金属によって作られています。銀歯を詰めたことで、金属アレルギーを起こす患者さんもいます。歯科で口の中に入れた銀歯は、唾液などに溶けて金属イオンとなって、体中にまわるために、手足にボツボツとした症状となって現れることもあります。金属アレルギーがあると分かっている時には、金属は使わないで、セラミックやプラスチックを使うことで治療を進められます。銀歯を入れた後に、アレルギー症状がでた時は、銀歯をはずす治療をします。

金属アレルギー

金属アレルギーと歯科の関係

皮膚の病気の一種に接触性皮膚炎というのがあります。何かの刺激で皮膚が炎症を起こすというものです。指輪もピアスもしていないのに、金属アレルギーの反応が出ることがあります。その場合、原因となっているのが、歯科材料です。歯科材料の多くは金属が含まれています。一番多いのは金銀パラジウム合金と呼ばれる素材です。昔、治療したものであっても、それが年月を経て、唾液と反応し、体内に影響を与えるということがあるのです。原因を調べるためにパッチテストというのを行います。背中に歯医者で使ったと思われる素材のシールを貼り、その反応をみます。案外、思ってもみなかった口の中が原因となっていることが多いのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科で適応される保険. All rights reserved.