トップ / 歯列矯正の治療の時期

歯列矯正の治療の時期

歯列矯正の時期は

歯列矯正で歯並びを治す

歯並びが悪いと、笑ったときや人と話をする時に、とても気になるものです。そういった人では、歯列矯正をすることを検討するといいでしょう。八重歯があったり、すきっ歯や出っ歯、受け口など、歯並びの悩みはいろいろとあるものです。それに対して、金具などを使って固定をして、歯を動かしていきます。通常、発達段階にある若い頃のほうが歯が動きやすいので、小学校や中学校の頃の早期に行う場合が多いのです。しかし、歯列矯正の装置は痛みを感じることが多く、受験期などにはストレスになるので、その時期は避けたほうがよいといわれます。

金属アレルギー

矯正で見た目の印象アップ!?

歯並びに自身がなくて矯正を考えている方も多いと思います。人の印象は見た目が9割をしめると言われています。にこっと笑った時に歯並びが良いとそれだけでその人の印象度は抜群にアップするものです。私のいとこは歯医者をやっていますが、最近では、子どもの頃に矯正をしそびれて、大人になってから心配そうに病院にやってくる方がいらっしゃるそうです。思い立ったら吉日、きちんと医師と相談すれば理想に近い歯並びが求められるようになります。就職や縁談を前に歯並びを整える大人も多いとのことです。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科で適応される保険. All rights reserved.